趣味がややぼっちなブログ

「趣味=ぼっち」といっても過言ではない。でも完全なぼっちになりきれない、ややぼっちな僕が、だいたいお一人様でできる趣味や出来事について書いていきます。そして、見てくれた人のお役に立てたらいいのになぁ。と、ひっそりと野望を添えて綴るブログ。

EeePCが起動しなかったので電池交換をしたおはなし

どもども

 

年末に年賀状を作成しようと思い、

母上が自分のEeePCを立ち上げたところ起動しないという報告を受けました。

  

通電はしているようだけど、ASUSの画面もBIOSにも行けず、真っ黒のまま。

ネットで同じような症状の事例から、

どうやらマザーボードの電池切れが原因と予想。

 

早速交換してみました。

 

まずはバッテリーを抜きましょう。

そして裏面のネジを抜きます。

f:id:yuyacaravan:20190213142342j:plain

↑バッテリーを抜いた後の写真

 

f:id:yuyacaravan:20190213135539j:plain

↑キーボードの上下部に穴があるのでそこからこじ開けます。

 

f:id:yuyacaravan:20190213141853j:plain

 

 

f:id:yuyacaravan:20190213142140j:plain

↑左下の赤丸の位置にテープに隠れてネジがあります。

 

f:id:yuyacaravan:20190213142052j:plain

↑はがすと修理とかのサポート受けられないよのテープに隠れてネジがあります。
サポート受ける気ないので当然はがします。

 

 

f:id:yuyacaravan:20190213142925j:plain

 ↑左下に見える黄色いのが電池です。(CR2032)

 

 

amazonでも売られています。

 

黄色い皮をはいでみたのですが、電池に端子がスポット溶接されていました。

ワタクシは、ステンレス用のはんだでくっつけました。

はんだって難しいですね。。。

こてを当てすぎて熱くなったせいか、ボタン電池がはじけ飛びました。"(-""-)"

メガネかけててよかったです。

2回目で成功しました。

 

不慣れな人は、はんだで接着せずに素直に購入したほうがいいと思います。

慣れてても、ゴーグルは着用でお願いします。

 

 

肝心のパソコンですが、直りました!

やはりCMOSの電池が原因だったようです。

 

パソコンが立ち上がらないと、データも読めないし不便だと思います。

電池交換を試してみてはいかがでしょうか。

Lenovo S510にRadeon R9 380を装着したおはなし

 どもども

 

Lenovo S510 の改造記です。

電源を補助電源ありに変えたので、グラボの増設をしました。

 

syumi-bocchi.hatenablog.com

syumi-bocchi.hatenablog.com

  

 

Lenovo S510 Mini-TowerにRadeon R9 380を付けてみました。

f:id:yuyacaravan:20190213100747j:plain

 ↑Rareon R9 380 (2G)コンパクトモデル

 

f:id:yuyacaravan:20190213100827j:plain

↑本体はこんな感じ。コンパクトなだけあります。

製品概要

製品名 R9 380 2G GDDR5 PCI-E H/D/2MDP ITX COMPACT
GPU AMD Radeon R9 380
製造プロセス 28nm
ストリームプロセッサ 1,792ユニット
メモリ GDDR5 2GB
メモリインターフェース 256ビット
コアクロック 980MHz
メモリクロック 5,600MHz(データレート)
バスインターフェース PCI Express 3.0 x16
ディスプレイ出力 Mini DisplayPort 1.2×2、HDMI 1.4a×1、DL-DVI-D×1
補助電源 8ピン×1
消費電力 225W
外形寸法 170(L)×116.5(W)×37(H) mm
付属品 ドライバディスク、DVI to VGAアダプタ、Mini DP to DPアダプタ
型番 SA-R9380-2GD5ITX01/11242-00-20G
JANコード 4537694201186
アスクコード VD5756
発売時期 2015年 6月19日

 

f:id:yuyacaravan:20190213101309j:plain

なんかやらしいところにコードが・・・

 

f:id:yuyacaravan:20190213101722j:plain

USB3.0(前面のUSB3.0端子)がギリアウトですね(笑)

 

 

なので

 

f:id:yuyacaravan:20190213102347j:plain

削りました。

 

f:id:yuyacaravan:20190213102354j:plain

肉抜きしました。

 

f:id:yuyacaravan:20190213102400j:plain

削ぎました。


したらば、

f:id:yuyacaravan:20190213102554j:plain

↑おぉ!入った!

 

コードが多いけれど、排熱大丈夫かな・・・"(-""-)"

やはりケースは大きくATXマザーボードがいいと思いました。

 

削らずに済みますし(笑)でも楽しかったです(/・ω・)/

 

ゲームはニーアオートマタとぷよぷよエースコンバット7をしましたが、ストレスなく動いてくれます。

ニーアオートマタはカクつく時がありましたが、問題にならないレベルでした。

設定をいじれば改善するかもしれません。

ビクトリノックス・ナイトビジョンの電池交換のおはなし

どもども。

 

ビクトリノックス・ナイトビジョンの電池交換をしました。

 

注意!

ビクトリノックス・ジャパンのサイトに下記の様に「電池交換は、ご自分で行わないでください」とあります。

もし、自分で交換する際は自己責任でお願いします。

 

ビクトリノックス・ジャパンのサイトより転載

f:id:yuyacaravan:20181112101325p:plain

 

故に、本記事はこういう方におすすめ

ビクトリノックス・ナイトビジョンの電池交換を自分でしてみたい。

・電池交換をビクトリノックス・ショップか正規代理店、または認定サービスセンターに依頼するのがめんどくさい。

・どんな構造か自分の目で確かめたい。

・電池交換にいくらお金がかかるかわからんから、自分でやりたい。

 

 

 

 

 ワタクシのビクトリノックス・ナイトビジョン はこんな感じ。

ブラックアイスな感じがかっこよくて中古で購入いたしました。

f:id:yuyacaravan:20181105092739j:plain

フェイスはこんな感じ。

f:id:yuyacaravan:20181105093309j:plain

裏蓋はこんな感じ。

f:id:yuyacaravan:20181105093319j:plain

 

 

ナイトビジョンはフラッシュライトを内蔵しており、夜道や鍵穴を探すのにライト機能が活躍したものです。

時計の電池切れが近くなると、秒針が4秒止まって、止まった分ジャンプして進む挙動になります。ザ・ワールドッッ!

 

 

使用した道具は

amazonで買った時計用の工具

 一応張り付けておきますね

 

時計工具セットの外観はこんな感じ

f:id:yuyacaravan:20181105093509j:plain

 

中はこんな感じ

針押さえは別途購入しました。

f:id:yuyacaravan:20181105093516j:plain

 

この工具を使って裏蓋を開けます。

3箇所の爪が裏蓋の凹に引っ掛かり開けることができます。

f:id:yuyacaravan:20181105093557j:plain

 

裏蓋にマスキングテープを張り、なるべく傷がつかないようにしました。

f:id:yuyacaravan:20181105093707j:plain

裏蓋を開けるとこんな感じ。

この電池はライト関係の電池でした。両側のネジを外せば交換できます。

f:id:yuyacaravan:20181105093811j:plain

 

さらに、これを下から持ち上げるとこんな感じ。(上はバックライトの配線がつながってました)

f:id:yuyacaravan:20181105093857j:plain

ビクトリノックスナイトビジョンは時計用の電池とライト関係の電池2つ搭載されています。

 

ライト関係の電池切れ警告は、6時位置のビーコンが10秒間に3回点滅するようです。

今回はライトの電池切れの警告はありませんでしたが、交換しました。

 

使用電池は

時計部がSR920SW

f:id:yuyacaravan:20181105094400j:plain

 

ライト部がCR2032でした。

f:id:yuyacaravan:20181105094434j:plain

 

電池交換ですが

f:id:yuyacaravan:20181105094814p:plain

 赤〇の位置に固定の爪があります。

 

f:id:yuyacaravan:20181105094946p:plain

反対側にも赤〇で囲んだあたりに爪がありますが、若干動来ます。

また、小さな穴が開いており、私はそこにピンセットをひっかけて広げて電池を外しました。

電池の装着は結構難しかったです(-_-;)

ワタクシが不器用なため5分程かかったように思います。

 

 今回はパッキンは交換しませんでした。2回に1回ペースで交換できたらいいなと思います。

 

肝心の動作確認ですが、ワタクシは正常に動作いたしました!('◇')ゞ

CASIO(カシオ) MW-121 電池交換のおはなし

どもども。

 

自宅にて眠っていたCASIO MW-121 の電池交換をしましたYO!

実家の勉強机の中にあったものなので、15年以上前のものだと思います。

f:id:yuyacaravan:20181103142342j:plain

ミリタリーっぽい感じがして嫌いじゃないぜっ!

価格はおそらく1,000円ぐらいじゃないかと思います。

ネット調べで、平均価格は881円って記事と1,100円って記事を見かけたので(笑)

平均の平均を取ると940.5円なのですが。。。

当時の価格は不明です(-_-;)

 

ただ、1,000円ぐらい(仮定)の時計の電池交換をお店に出すといくら取られるのよ?

1000円超えるなら、もう一本買ったほうがよくないかい?

 

あいにくワタクシには時計用の工具を持っているわけで。。。

自分で電池交換したほうが圧倒的に安いわけで。。。

 

自分で電池交換をしよう!

 

まずベルトを外して。

708とMW-121との刻印がありますね。

f:id:yuyacaravan:20181103144207j:plain

 

裏蓋の右下の方に少しの窪みがありますので、そこから外します。

ワタクシは窪みに裏蓋外しを入れたら捻るようにして外してます。

 

f:id:yuyacaravan:20181103144434j:plain

 

電池はSR920SWという型の電池でした。

f:id:yuyacaravan:20181103144759j:plain

 

電池をはめてみて動作確認したら裏蓋をしめるわけですが、なかなか固いんですよこれが。。

 

なのでワタクシはシャコ万力 プレスクランプ を使って閉じました。

 

CUSTOM KOBO プレスC型クランプ 100mm 14-315 820438

CUSTOM KOBO プレスC型クランプ 100mm 14-315 820438

 

 

ただ、時計を直接あてるのではなく、木材で時計を挟み、時計に対して点ではなく面で圧をかけていくようにしました。ガラス面が割れたりしそうで(-_-;)

パキンッといい音が鳴って電池交換&裏蓋の装着は完了です。

 

電池交換費用は道具はたまたま持っていたので電池代だけでした。

裏蓋を開けるのはナイフで開けるかたもいらっしゃるようです。

刃こぼれやケガの無いよう注意して作業してください。 

LUMINTOP EDC01 キーライトを買ったおはなし

どもども。

ワタクシはどうも単4乾電池のキーライトが好きなようで、車の鍵に付けてるキーライトにはマグライトのソリテールを、バイクの鍵に付けてるキーライトにはシュアファイアのタイタンを付けております。

 

 ↓マグライト ソリテール

 

 ↓シュアファイア タイタン

 

 

 

どこに付けるかも考えずにバッグに常備させときゃいいか的なノリでLUMINTOP EDC01を購入しました。

 

 

外観(外箱)はこんな感じ。

f:id:yuyacaravan:20181029160056j:plain

 

しっかりテープで固定されていました。

f:id:yuyacaravan:20181029160101j:plain

 

開けるとルミンちゃんがお出迎え。(中華製のわりに気が利いてるじゃないか)

f:id:yuyacaravan:20181029160102j:plain

 

 

ライト本体も型抜きスポンジで固定されていて高級感が漂いますね。

白いパーツはディフューザーです。

ディフューザーはライト先端に付けて辺りを照らすために付けるパーツです。

f:id:yuyacaravan:20181029160103j:plain

 

EDC01は「マグライト ソリテール」や「シュアファイア タイタン」と同じく、ひねって点灯させるタイプなので替えのパッキンが2つ付いていました。(中華製のわりに気が利いてるじゃないか)

f:id:yuyacaravan:20181029160107j:plain

 しかし、マグライトやシュアファイアには替えのパッキンは付いていなかったので、これは品質に問題があり交換する可能性が高いですよー、だから付けましたよー。とも取れるような。。。

 

上部をひねりやすいように加工されています。

f:id:yuyacaravan:20181029160108j:plain

 

説明書も日本語!

f:id:yuyacaravan:20181029160111j:plain

ライトをつけてみましたが、

点灯モードが3段階あり、Midモード(32ルーメン)→Low モード(5ルーメン)→Highモード(120ルーメン)の順に以降します。

 

またディフューザーがキーホルダーのようになっていないので、ワタクシは確実に無くすと思いました(笑)

ただディフューザー蓄光性のゴムで出来ているので、ライトを消すとディフューザー自体が黄緑に発光し、あたりをほのかに照らしてくれます。

 

テント内での使用に便利かなと思いました。

 

防水性能、耐衝撃もあるのでガシガシ使っても大丈夫な印象を受けました。

試したくはないですが。。。

Lenovo S510の電源を10pin仕様から24pin仕様にしたおはなし

どもども

 

Lenovo S510を購入し、基盤のサイズ上「ロープロファイルのグラボしか付けれない問題」に直面し、改造を決意しました。

 

まずは電源。Owltecの500Wを購入。もちろん24pin

 

f:id:yuyacaravan:20190213094414j:plain

↑外観はこんな感じ

 

f:id:yuyacaravan:20190213094521j:plain

↑中はこんな感じ。

 

f:id:yuyacaravan:20190213095516j:plain

↑箱から出すとこんな感じ

 

 

 

 

次に24pinを10pinに

 

国内では10pinの電源はおろか、変換ケーブルも満足に入手できません(´・ω・`)

 

amazonにもあるにはありますよ↓ 

 

ASICMINER 24ピンto 10ピン電源ATX PSUアダプタケーブル

ASICMINER 24ピンto 10ピン電源ATX PSUアダプタケーブル

 

 

 

 

 

 

 でも高いのです(*^^*)

 

なので、海外のサイトから購入しました\(^o^)/

 

eyeboot

www.eyeboot.com

 

 

modDIY

www.moddiy.com

 

検討したのは上記の2サイトですがまだあるかもしれません。

 

eyebootの方は日本円表示がなかったので問い合わせたところ、日本への配送もしているが送料が4.5ドルかかると言われました。

 

modDIYは配送方法が選択できて、無料の配送方法もあったのでワタシはmodDIYで購入しました。

2週間ぐらいで届きましたYO\(^o^)/

両サイトともPalpalが使えます。

 

f:id:yuyacaravan:20190213095038j:plain

黒い内面プチプチの封筒にて到着。住所とか移ってない・・・よね?

 

 

 

f:id:yuyacaravan:20190213095727j:plain

↑ちゃんとつなぐことが出来ました。

 

 

で、電源ユニットを交換後変換コネクタをつなげ、コンセントに差し込むと。。。

 

電源を入れていないのに、CPUのファンが爆速で回りだし、電源のライトが付いている!

 

でもモニターには反映されてないし、SSDにもアクセスはしてないみたいです。

電源ボタンを押してみたら、CPUファンは静まり、普通に起動しましたとさ。^^;

 

BIOSの設定なのだろうか、スリープ状態に入っても爆速でCPUファンが回りだしました。

 

マザーボード変えたほうが安心かもわからんね(笑)

ただ、電源ユニットが主電源を切るスイッチがあるので、シャットダウンしたあとは主電源から切るようにしています。

Lenovo S510をヤフオクで購入したおはなし

どもども

 

ヤフオクにてデスクトップパソコンを購入しました。

Lenovo S510 Mini-Tower

f:id:yuyacaravan:20180501142714j:plain

 

主な仕様は

OS : windows 10 Pro 64bit

CPU : Core i5-6500

 

[ Core i5-6500 ]

ark.intel.com

基本仕様

拡張オプション

パッケージの仕様

 

SSD : 256GB、128GB

メモリ : 8GB×1

価格は¥30,500でした。

モニターなし、officeなし

 

開けてみると中身は狭い、コードは少ない。

電源ユニットから出ているコードは2本のみ。

SATAコネクタが3つなので、SSDで2つ、持っていたDVDドライブを付けたら埋まっちゃいました。

f:id:yuyacaravan:20180501142010j:plain

 

電源は80PLUSのBRONZEですが、180Wしかありませんでした(笑)

f:id:yuyacaravan:20180501142028j:plain

f:id:yuyacaravan:20180501142036j:plain

 

電源から出ているコードも24pinではなく10pinですし^^;

f:id:yuyacaravan:20180501142040j:plain

 

ワタクシはパソコンでゲームしたりしたいなぁと思い、Lenovo S510を衝動的に買ってしまいましたが、やはり仕様の下調べは必要でしたね。

 

補助電源が取れないようではロープロファイルのグラボしか付けれないので、電源ユニットを交換、ケーブルを24pinを10pinに変換などして対応していこうと思います\(^o^)/

 

改造出来るチャンスと前向きに捉えていきます。。。

 

ただ、以前のパソコンがノートパソコン(Lenovo製)で

OSはwindows10 64bit、メモリ8GBながら

CPUがceleron 1005Mでしたので、S510Mini-Towerの購入でいろいろな作業が早くなったのは確かです。

 

 [ celeron 1005M ]  

ark.intel.com

基本仕様

補足情報

パッケージの仕様

  • 対応ソケットFCPGA988
  • 最大 CPU 構成1
  • Tjunction105 C
  • パッケージサイズ37.5mmx37.5mm (rPGA988B)
  • 低ハロゲンオプションの提供MDDS を参照