趣味がややぼっちのブログ

完全なぼっちになりきれない、ややぼっちの僕が、だいたいお一人様で趣味や出来事について書いていきます。そして、見てくれた人のお役に立てたらいいなぁ。と、ひっそりと野望を覗かせるブログ。

ビクトリノックス・ナイトビジョンの電池交換のおはなし

どもども。

 

ビクトリノックス・ナイトビジョンの電池交換をしました。

 

注意!

ビクトリノックス・ジャパンのサイトに下記の様に「電池交換は、ご自分で行わないでください」とあります。

もし、自分で交換する際は自己責任でお願いします。

 

ビクトリノックス・ジャパンのサイトより転載

f:id:yuyacaravan:20181112101325p:plain

 

故に、本記事はこういう方におすすめ

ビクトリノックス・ナイトビジョンの電池交換を自分でしてみたい。

・電池交換をビクトリノックス・ショップか正規代理店、または認定サービスセンターに依頼するのがめんどくさい。

・どんな構造か自分の目で確かめたい。

・電池交換にいくらお金がかかるかわからんから、自分でやりたい。

 

 

 

 

 ワタクシのビクトリノックス・ナイトビジョン はこんな感じ。

ブラックアイスな感じがかっこよくて中古で購入いたしました。

f:id:yuyacaravan:20181105092739j:plain

フェイスはこんな感じ。

f:id:yuyacaravan:20181105093309j:plain

裏蓋はこんな感じ。

f:id:yuyacaravan:20181105093319j:plain

 

 

ナイトビジョンはフラッシュライトを内蔵しており、夜道や鍵穴を探すのにライト機能が活躍したものです。

時計の電池切れが近くなると、秒針が4秒止まって、止まった分ジャンプして進む挙動になります。ザ・ワールドッッ!

 

 

使用した道具は

amazonで買った時計用の工具

 一応張り付けておきますね

 

時計工具セットの外観はこんな感じ

f:id:yuyacaravan:20181105093509j:plain

 

中はこんな感じ

針押さえは別途購入しました。

f:id:yuyacaravan:20181105093516j:plain

 

この工具を使って裏蓋を開けます。

3箇所の爪が裏蓋の凹に引っ掛かり開けることができます。

f:id:yuyacaravan:20181105093557j:plain

 

裏蓋にマスキングテープを張り、なるべく傷がつかないようにしました。

f:id:yuyacaravan:20181105093707j:plain

裏蓋を開けるとこんな感じ。

この電池はライト関係の電池でした。両側のネジを外せば交換できます。

f:id:yuyacaravan:20181105093811j:plain

 

さらに、これを下から持ち上げるとこんな感じ。(上はバックライトの配線がつながってました)

f:id:yuyacaravan:20181105093857j:plain

ビクトリノックスナイトビジョンは時計用の電池とライト関係の電池2つ搭載されています。

 

ライト関係の電池切れ警告は、6時位置のビーコンが10秒間に3回点滅するようです。

今回はライトの電池切れの警告はありませんでしたが、交換しました。

 

使用電池は

時計部がSR920SW

f:id:yuyacaravan:20181105094400j:plain

 

ライト部がCR2032でした。

f:id:yuyacaravan:20181105094434j:plain

 

電池交換ですが

f:id:yuyacaravan:20181105094814p:plain

 赤〇の位置に固定の爪があります。

 

f:id:yuyacaravan:20181105094946p:plain

反対側にも赤〇で囲んだあたりに爪がありますが、若干動来ます。

また、小さな穴が開いており、私はそこにピンセットをひっかけて広げて電池を外しました。

電池の装着は結構難しかったです(-_-;)

ワタクシが不器用なため5分程かかったように思います。

 

 今回はパッキンは交換しませんでした。2回に1回ペースで交換できたらいいなと思います。

 

肝心の動作確認ですが、ワタクシは正常に動作いたしました!('◇')ゞ

CASIO(カシオ) MW-121 電池交換のおはなし

どもども。

 

自宅にて眠っていたCASIO MW-121 の電池交換をしましたYO!

実家の勉強机の中にあったものなので、15年以上前のものだと思います。

f:id:yuyacaravan:20181103142342j:plain

ミリタリーっぽい感じがして嫌いじゃないぜっ!

価格はおそらく1,000円ぐらいじゃないかと思います。

ネット調べで、平均価格は881円って記事と1,100円って記事を見かけたので(笑)

平均の平均を取ると940.5円なのですが。。。

当時の価格は不明です(-_-;)

 

ただ、1,000円ぐらい(仮定)の時計の電池交換をお店に出すといくら取られるのよ?

1000円超えるなら、もう一本買ったほうがよくないかい?

 

あいにくワタクシには時計用の工具を持っているわけで。。。

自分で電池交換したほうが圧倒的に安いわけで。。。

 

自分で電池交換をしよう!

 

まずベルトを外して。

708とMW-121との刻印がありますね。

f:id:yuyacaravan:20181103144207j:plain

 

裏蓋の右下の方に少しの窪みがありますので、そこから外します。

ワタクシは窪みに裏蓋外しを入れたら捻るようにして外してます。

 

f:id:yuyacaravan:20181103144434j:plain

 

電池はSR920SWという型の電池でした。

f:id:yuyacaravan:20181103144759j:plain

 

電池をはめてみて動作確認したら裏蓋をしめるわけですが、なかなか固いんですよこれが。。

 

なのでワタクシはシャコ万力 プレスクランプ を使って閉じました。

 

CUSTOM KOBO プレスC型クランプ 100mm 14-315 820438

CUSTOM KOBO プレスC型クランプ 100mm 14-315 820438

 

 

ただ、時計を直接あてるのではなく、木材で時計を挟み、時計に対して点ではなく面で圧をかけていくようにしました。ガラス面が割れたりしそうで(-_-;)

パキンッといい音が鳴って電池交換&裏蓋の装着は完了です。

 

電池交換費用は道具はたまたま持っていたので電池代だけでした。

裏蓋を開けるのはナイフで開けるかたもいらっしゃるようです。

刃こぼれやケガの無いよう注意して作業してください。 

LUMINTOP EDC01 キーライトを買ったおはなし

どもども。

ワタクシはどうも単4乾電池のキーライトが好きなようで、車の鍵に付けてるキーライトにはマグライトのソリテールを、バイクの鍵に付けてるキーライトにはシュアファイアのタイタンを付けております。

 

 ↓マグライト ソリテール

 

 ↓シュアファイア タイタン

 

 

 

どこに付けるかも考えずにバッグに常備させときゃいいか的なノリでLUMINTOP EDC01を購入しました。

 

 

外観(外箱)はこんな感じ。

f:id:yuyacaravan:20181029160056j:plain

 

しっかりテープで固定されていました。

f:id:yuyacaravan:20181029160101j:plain

 

開けるとルミンちゃんがお出迎え。(中華製のわりに気が利いてるじゃないか)

f:id:yuyacaravan:20181029160102j:plain

 

 

ライト本体も型抜きスポンジで固定されていて高級感が漂いますね。

白いパーツはディフューザーです。

ディフューザーはライト先端に付けて辺りを照らすために付けるパーツです。

f:id:yuyacaravan:20181029160103j:plain

 

EDC01は「マグライト ソリテール」や「シュアファイア タイタン」と同じく、ひねって点灯させるタイプなので替えのパッキンが2つ付いていました。(中華製のわりに気が利いてるじゃないか)

f:id:yuyacaravan:20181029160107j:plain

 しかし、マグライトやシュアファイアには替えのパッキンは付いていなかったので、これは品質に問題があり交換する可能性が高いですよー、だから付けましたよー。とも取れるような。。。

 

上部をひねりやすいように加工されています。

f:id:yuyacaravan:20181029160108j:plain

 

説明書も日本語!

f:id:yuyacaravan:20181029160111j:plain

ライトをつけてみましたが、

点灯モードが3段階あり、Midモード(32ルーメン)→Low モード(5ルーメン)→Highモード(120ルーメン)の順に以降します。

 

またディフューザーがキーホルダーのようになっていないので、ワタクシは確実に無くすと思いました(笑)

ただディフューザー蓄光性のゴムで出来ているので、ライトを消すとディフューザー自体が黄緑に発光し、あたりをほのかに照らしてくれます。

 

テント内での使用に便利かなと思いました。

 

防水性能、耐衝撃もあるのでガシガシ使っても大丈夫な印象を受けました。

試したくはないですが。。。

Lenovo S510の電源を10pin仕様から24pin仕様にしたおはなし

どもども

 

Lenovo S510を購入し、基盤のサイズ上「ロープロファイルのグラボしか付けれない問題」に直面し、改造を決意しました。

 

まずは電源。Owltecの500Wを購入。もちろん24pin

 

 

国内では10pinの電源はおろか、変換ケーブルも満足に入手できません(´・ω・`)

 

amazonにもあるにはありますよ↓ 

 

ASICMINER 24ピンto 10ピン電源ATX PSUアダプタケーブル

ASICMINER 24ピンto 10ピン電源ATX PSUアダプタケーブル

 

 

 

 

 

 

 でも高いのです(*^^*)

 

なので、海外のサイトから購入しました\(^o^)/

 

eyeboot

www.eyeboot.com

 

 

modDIY

www.moddiy.com

 

検討したのは上記の2サイトですがまだあるかもしれません。

 

eyebootの方は日本円表示がなかったので問い合わせたところ、日本への配送もしているが送料が4.5ドルかかると言われました。

 

modDIYは配送方法が選択できて、無料の配送方法もあったのでワタシはmodDIYで購入しました。

2週間ぐらいで届きましたYO\(^o^)/

両サイトともPalpalが使えます。

 

 

で、電源ユニットを交換後変換コネクタをつなげ、コンセントに差し込むと。。。

 

電源を入れていないのに、CPUのファンが爆速で回りだし、電源のライトが付いている!

 

でもモニターには反映されてないし、SSDにもアクセスはしてないみたいです。

電源ボタンを押してみたら、CPUファンは静まり、普通に起動しましたとさ。^^;

 

BIOSの設定なのだろうか、スリープ状態に入っても爆速でCPUファンが回りだしました。

 

マザーボード変えたほうが安心かもわからんね(笑)

Lenovo S510をヤフオクで購入したおはなし

どもども

 

ヤフオクにてデスクトップパソコンを購入しました。

Lenovo S510 Mini-Tower

f:id:yuyacaravan:20180501142714j:plain

 

主な仕様は

OS : windows 10 Pro 64bit

CPU : Core i5-6500

 

[ Core i5-6500 ]

ark.intel.com

基本仕様

拡張オプション

パッケージの仕様

 

SSD : 256GB、128GB

メモリ : 8GB×1

価格は¥30,500でした。

モニターなし、officeなし

 

開けてみると中身は狭い、コードは少ない。

電源ユニットから出ているコードは2本のみ。

SATAコネクタが3つなので、SSDで2つ、持っていたDVDドライブを付けたら埋まっちゃいました。

f:id:yuyacaravan:20180501142010j:plain

 

電源は80PLUSのBRONZEですが、180Wしかありませんでした(笑)

f:id:yuyacaravan:20180501142028j:plain

f:id:yuyacaravan:20180501142036j:plain

 

電源から出ているコードも24pinではなく10pinですし^^;

f:id:yuyacaravan:20180501142040j:plain

 

ワタクシはパソコンでゲームしたりしたいなぁと思い、Lenovo S510を衝動的に買ってしまいましたが、やはり仕様の下調べは必要でしたね。

 

補助電源が取れないようではロープロファイルのグラボしか付けれないので、電源ユニットを交換、ケーブルを24pinを10pinに変換などして対応していこうと思います\(^o^)/

 

改造出来るチャンスと前向きに捉えていきます。。。

 

ただ、以前のパソコンがノートパソコン(Lenovo製)で

OSはwindows10 64bit、メモリ8GBながら

CPUがceleron 1005Mでしたので、S510Mini-Towerの購入でいろいろな作業が早くなったのは確かです。

 

 [ celeron 1005M ]  

ark.intel.com

基本仕様

補足情報

パッケージの仕様

  • 対応ソケットFCPGA988
  • 最大 CPU 構成1
  • Tjunction105 C
  • パッケージサイズ37.5mmx37.5mm (rPGA988B)
  • 低ハロゲンオプションの提供MDDS を参照

バイク用Bluetoothインカム(Freedconn)を購入したおはなし

 どもども。

 

結局FODSPORTSを購入のときに悩んでたFreedconnも買ってしました(・∀・)

KAZAMI につけてやろうと思います(`・ω・´)ゞ

 

 

 

 

 

 

 

 

FODSPORTSの記事はこちら↓

 

syumi-bocchi.hatenablog.com

 

 

OGK Kabuto KAZAMI の記事はこちら↓

 

syumi-bocchi.hatenablog.com

 

外装 と 付属品

  外装はこんな感じ。。。TCOM(´・ω・`)

 

f:id:yuyacaravan:20180412093748j:plain

 

開けるとマニュアルがお出迎え。

f:id:yuyacaravan:20180412093951j:plain

 

日本語のページがありましたよ。フォントが明朝体なので中国っぽさが出でいます(笑)

f:id:yuyacaravan:20180412093914j:plain

 

保証書も付いておりました!1年間ですが(^^)

f:id:yuyacaravan:20180412094150j:plain

 

スポンジに包まれてFreedconnがこんにちは(^o^)

f:id:yuyacaravan:20180412094239j:plain

 

 

内容はこんな感じ

f:id:yuyacaravan:20180412094339j:plain

 

・Freedconn本体

・取り付けステー(ヘルメットクリップ)

・取り付けステー(マジックテープ&両面テープ)

・スピーカー&ソフトケーブルマイク

・充電ケーブル

・マイク&スピーカーのマジックテープ

 

 

充電ケーブルは平型mini8pinタイプ。。。スマホなどの端子とは違いますからね!

f:id:yuyacaravan:20180412094723j:plain

f:id:yuyacaravan:20180412094808j:plain

 既に所有しているFODSPORTSのケーブルと互換性がありました。

 

 スピーカー比較

B+COMとTCOM(Freedconn)のスピーカーの比較

f:id:yuyacaravan:20180412095150j:plain

B+COMはスポンジのカバーが付いてますので大きく見えます。TCOM(Freedconn)の方は縁がプラスチック素材で囲われています。それに伴い、変形し辛いので取り付け場所を選ぶかもしれません(´・ω・`)

 

厚みはこんな感じ。

TCOM(Freedconn)↓

f:id:yuyacaravan:20180412100025j:plain

 

B+COM↓

f:id:yuyacaravan:20180412100003j:plain

厚みは対して変わりないように思いますがB+COMはスポンジ付きでこの厚さなので。。。

 

 スピーカーの取り付け

いざ、KAZAMIに取り付け!!(`・ω・´)ゞ

 

f:id:yuyacaravan:20180412100308j:plain

KAZAMIの耳部には「ここにスピーカーを付けるのだ」って感じのくぼみがあります。

なのでここに付けるようにします。

 

f:id:yuyacaravan:20180412100451j:plain

f:id:yuyacaravan:20180412100455j:plain

 

付属のマジックテープを置いてみます。

f:id:yuyacaravan:20180412100544j:plain

あらやだ!ピッタr・・・ん?

くぼみを活かしきれていないような。。。

 

横に置いて比べてみます。

f:id:yuyacaravan:20180412100552j:plain

f:id:yuyacaravan:20180412100736j:plain

やはり、くぼみよりでかい。。。

 

なので、切りました。

f:id:yuyacaravan:20180412100815j:plain

 

再度合わせてみると。。

f:id:yuyacaravan:20180412100849j:plain

あらやだ、ピッタリじゃなーい(⌒▽⌒)

 

配線は後頭部側を通しました。

f:id:yuyacaravan:20180412101021j:plain

f:id:yuyacaravan:20180412101054j:plain

 

ただ、スピーカーは前述の通りプラスチックなので、変形が少なく若干妥協した感じです。(´・ω・`)

f:id:yuyacaravan:20180412101143j:plain

 

マイクの取り付け 

マイクはチークパッドの隙間からねじ込みました。

 

この隙間に、

f:id:yuyacaravan:20180412101333j:plain

 

こう!

f:id:yuyacaravan:20180412101348j:plain

 

本体の取り付け 

いよいよ本体の取り付けです。

f:id:yuyacaravan:20180412101501j:plain

f:id:yuyacaravan:20180412103542j:plain

クリップで付けてやろうと思いましたが。。。

 

f:id:yuyacaravan:20180412103412j:plain

ヘルメットの内側のクリアランスが足りないので、両面テープ&マジックテープマウントにしました。(´・ω・`)

 

こんな感じ。

f:id:yuyacaravan:20180412103602j:plain

 

f:id:yuyacaravan:20180412103729j:plain

 

アールが合わない箇所があるので、浮いてる箇所がありますが、許容しました。

 

 

液晶も付いているので、電池残量やペアリング待機状態なのか、ペアリング中なのかすぐわかります。

 

 音量調整がダイヤルを回しっぱなしにしないといけないのが難点かなと言う感じです。

 

では、良いバイクライフを(^^)v

ヘルメット(OGK Kabuto KAZAMI)を買ったおはなし

どもども

 

タイトル通り、ヘルメットを買いました。

 

それがこちら↓

f:id:yuyacaravan:20180307105919j:plain

OGK Kabuto KAZAMI

フラットブラック/オレンジ(Lサイズ) でっす!

 

f:id:yuyacaravan:20180319105856p:plain

 

 

実は今使っているHORNET ADV SEEKERを購入する際にネットで見つけてかっこいいなぁアイアンマンみたいだなぁ(・∀・)と(笑)

 

当時は発売前でしたし、オフ車しかなかったので、フルフェイスチックなシステムヘルメットは購入候補に上がりませんでした。

 

 

しかし、ワタクシには今コレがいますからねぇ(⌒▽⌒)↓

f:id:yuyacaravan:20180109104424j:plain

 

以前ちょっと紹介したSR400。

 

↓にちょっと載ってます。

syumi-bocchi.hatenablog.com

 

このSR400には実はオフメットで乗ったり、バイザーを外して乗ったりしてましたが、バイザー外すのが面倒だったり、HORNET ADV SEEKERだとオフロードっぽさがでてしまうのでなんだかなぁ。。。と思っていたのもありました。

 

 そこで前々から気になっていたOGK Kabuto KAZAMIを購入決意したわけです。

 

システムヘルメット童貞でしたので、ワタクシが思うメリット・デメリットをまとめました^^;

 

 メリット

 ・フルフェイス風だけど、チンオープンすることで飲み物が飲める。(チンとは顎のことです。念のため)

 これはツーリング時の休憩で役に立ちそう、わざわざメットを脱がなくても飲食が出来るので、便利そう。しかし、コンビニなどに入店するときはヘルメット脱いだほうが良いと思います。(笑)イケそうな気もしなくはなけど。

 

 

デメリット

・帽体がデカくなりがち。

 インナーバイザーやチンオープンシステムもあるのでフルフェイスに比べ帽体が大きくなる。

 

・防御力不足?

 フルフェイスに比べると事故の際にチンオープンのヒンジのところが脆そう。。。

 事故してみないとわかりませんが、安全運転します!

 

 

SR400でのツーリング重視のメット選びですし、気に入ったのが一番(⌒▽⌒)。

f:id:yuyacaravan:20180308182718j:plain

新・存在感。

 

f:id:yuyacaravan:20180308182801j:plain

 

 

 

 

メガネスリットもあります。

f:id:yuyacaravan:20180308182426j:plain

購入後は赤い紙を引き抜いてください。

 

 

PINLOCKも取り付けられます。

 

PINLOCKは別売りです。

HORNET ADVはPINLOCKが付属だったなぁ(´・ω・`)

 

装着することで全然曇らなくなりましたよ(・∀・)

オージーケーカブト(OGK KABUTO) CM-2-P ピンロックシート クリア 62977

オージーケーカブト(OGK KABUTO) CM-2-P ピンロックシート クリア 62977

 

 

 KAZAMI と HORNET ADV SEEKERの比較

f:id:yuyacaravan:20180308182417j:plain

 でかい。。

 

f:id:yuyacaravan:20180308182632j:plain

 でかい。。

 

静音、遮音は良いと思います、しかし高速に乗りましたが、風切り音はします。すこし気になりましたね~(^^)うるさくはないと思います。

フルフェイスとの比較ができないので、この程度なのかなって感じです。

 

最後に

化粧をする方はジェットヘルメットが多いのかなと思います。

個人的な意見ですが、ワタクシ自身バイクに乗り始めて10年もたっていませんし(2018年現在)、運転が上手い方とは思っていません。事故るかもという思いを内に秘め運転してます(´・ω・`)。

もし事故った際に、体への被害をなるべく食い止めたい心配性なので、フルフェイスやシステムヘルメットの選択になりました。

修羅の国と言われる福岡にはフルフェイスでしょう(*´艸`*)

どうやらワタクシは頬にパッドが当たる、守られてる感が好きなようです(笑)

顔に風があたって気持ちいい感は犠牲ですけど(笑)

 

サイズの合ったヘルメットを正しく着用するのが第一だとは思います。

 

それでは、良いバイクライフを(^o^)v