趣味がややぼっちのブログ

完全なぼっちになりきれない、ややぼっちの僕が、だいたいお一人様の趣味や出来事について書いていくブログ。

バイク用Bluetoothインカム(Freedconn)を購入したおはなし

 どもども。

 

結局FODSPORTSを購入のときに悩んでたFreedconnも買ってしました(・∀・)

KAZAMI につけてやろうと思います(`・ω・´)ゞ

 

 

 

 

 

 

 

 

FODSPORTSの記事はこちら↓

 

syumi-bocchi.hatenablog.com

 

 

OGK Kabuto KAZAMI の記事はこちら↓

 

syumi-bocchi.hatenablog.com

 

外装 と 付属品

  外装はこんな感じ。。。TCOM(´・ω・`)

 

f:id:yuyacaravan:20180412093748j:plain

 

開けるとマニュアルがお出迎え。

f:id:yuyacaravan:20180412093951j:plain

 

日本語のページがありましたよ。フォントが明朝体なので中国っぽさが出でいます(笑)

f:id:yuyacaravan:20180412093914j:plain

 

保証書も付いておりました!1年間ですが(^^)

f:id:yuyacaravan:20180412094150j:plain

 

スポンジに包まれてFreedconnがこんにちは(^o^)

f:id:yuyacaravan:20180412094239j:plain

 

 

内容はこんな感じ

f:id:yuyacaravan:20180412094339j:plain

 

・Freedconn本体

・取り付けステー(ヘルメットクリップ)

・取り付けステー(マジックテープ&両面テープ)

・スピーカー&ソフトケーブルマイク

・充電ケーブル

・マイク&スピーカーのマジックテープ

 

 

充電ケーブルは平型mini8pinタイプ。。。スマホなどの端子とは違いますからね!

f:id:yuyacaravan:20180412094723j:plain

f:id:yuyacaravan:20180412094808j:plain

 既に所有しているFODSPORTSのケーブルと互換性がありました。

 

 スピーカー比較

B+COMとTCOM(Freedconn)のスピーカーの比較

f:id:yuyacaravan:20180412095150j:plain

B+COMはスポンジのカバーが付いてますので大きく見えます。TCOM(Freedconn)の方は縁がプラスチック素材で囲われています。それに伴い、変形し辛いので取り付け場所を選ぶかもしれません(´・ω・`)

 

厚みはこんな感じ。

TCOM(Freedconn)↓

f:id:yuyacaravan:20180412100025j:plain

 

B+COM↓

f:id:yuyacaravan:20180412100003j:plain

厚みは対して変わりないように思いますがB+COMはスポンジ付きでこの厚さなので。。。

 

 スピーカーの取り付け

いざ、KAZAMIに取り付け!!(`・ω・´)ゞ

 

f:id:yuyacaravan:20180412100308j:plain

KAZAMIの耳部には「ここにスピーカーを付けるのだ」って感じのくぼみがあります。

なのでここに付けるようにします。

 

f:id:yuyacaravan:20180412100451j:plain

f:id:yuyacaravan:20180412100455j:plain

 

付属のマジックテープを置いてみます。

f:id:yuyacaravan:20180412100544j:plain

あらやだ!ピッタr・・・ん?

くぼみを活かしきれていないような。。。

 

横に置いて比べてみます。

f:id:yuyacaravan:20180412100552j:plain

f:id:yuyacaravan:20180412100736j:plain

やはり、くぼみよりでかい。。。

 

なので、切りました。

f:id:yuyacaravan:20180412100815j:plain

 

再度合わせてみると。。

f:id:yuyacaravan:20180412100849j:plain

あらやだ、ピッタリじゃなーい(⌒▽⌒)

 

配線は後頭部側を通しました。

f:id:yuyacaravan:20180412101021j:plain

f:id:yuyacaravan:20180412101054j:plain

 

ただ、スピーカーは前述の通りプラスチックなので、変形が少なく若干妥協した感じです。(´・ω・`)

f:id:yuyacaravan:20180412101143j:plain

 

マイクの取り付け 

マイクはチークパッドの隙間からねじ込みました。

 

この隙間に、

f:id:yuyacaravan:20180412101333j:plain

 

こう!

f:id:yuyacaravan:20180412101348j:plain

 

本体の取り付け 

いよいよ本体の取り付けです。

f:id:yuyacaravan:20180412101501j:plain

f:id:yuyacaravan:20180412103542j:plain

クリップで付けてやろうと思いましたが。。。

 

f:id:yuyacaravan:20180412103412j:plain

ヘルメットの内側のクリアランスが足りないので、両面テープ&マジックテープマウントにしました。(´・ω・`)

 

こんな感じ。

f:id:yuyacaravan:20180412103602j:plain

 

f:id:yuyacaravan:20180412103729j:plain

 

アールが合わない箇所があるので、浮いてる箇所がありますが、許容しました。

 

 

液晶も付いているので、電池残量やペアリング待機状態なのか、ペアリング中なのかすぐわかります。

 

 音量調整がダイヤルを回しっぱなしにしないといけないのが難点かなと言う感じです。

 

では、良いバイクライフを(^^)v

ヘルメット(OGK Kabuto KAZAMI)を買ったおはなし

どもども

 

タイトル通り、ヘルメットを買いました。

 

それがこちら↓

f:id:yuyacaravan:20180307105919j:plain

OGK Kabuto KAZAMI

フラットブラック/オレンジ(Lサイズ) でっす!

 

f:id:yuyacaravan:20180319105856p:plain

 

 

実は今使っているHORNET ADV SEEKERを購入する際にネットで見つけてかっこいいなぁアイアンマンみたいだなぁ(・∀・)と(笑)

 

当時は発売前でしたし、オフ車しかなかったので、フルフェイスチックなシステムヘルメットは購入候補に上がりませんでした。

 

 

しかし、ワタクシには今コレがいますからねぇ(⌒▽⌒)↓

f:id:yuyacaravan:20180109104424j:plain

 

以前ちょっと紹介したSR400。

 

↓にちょっと載ってます。

syumi-bocchi.hatenablog.com

 

このSR400には実はオフメットで乗ったり、バイザーを外して乗ったりしてましたが、バイザー外すのが面倒だったり、HORNET ADV SEEKERだとオフロードっぽさがでてしまうのでなんだかなぁ。。。と思っていたのもありました。

 

 そこで前々から気になっていたOGK Kabuto KAZAMIを購入決意したわけです。

 

システムヘルメット童貞でしたので、ワタクシが思うメリット・デメリットをまとめました^^;

 

 メリット

 ・フルフェイス風だけど、チンオープンすることで飲み物が飲める。(チンとは顎のことです。念のため)

 これはツーリング時の休憩で役に立ちそう、わざわざメットを脱がなくても飲食が出来るので、便利そう。しかし、コンビニなどに入店するときはヘルメット脱いだほうが良いと思います。(笑)イケそうな気もしなくはなけど。

 

 

デメリット

・帽体がデカくなりがち。

 インナーバイザーやチンオープンシステムもあるのでフルフェイスに比べ帽体が大きくなる。

 

・防御力不足?

 フルフェイスに比べると事故の際にチンオープンのヒンジのところが脆そう。。。

 事故してみないとわかりませんが、安全運転します!

 

 

SR400でのツーリング重視のメット選びですし、気に入ったのが一番(⌒▽⌒)。

f:id:yuyacaravan:20180308182718j:plain

新・存在感。

 

f:id:yuyacaravan:20180308182801j:plain

 

 

 

 

メガネスリットもあります。

f:id:yuyacaravan:20180308182426j:plain

購入後は赤い紙を引き抜いてください。

 

 

PINLOCKも取り付けられます。

 

PINLOCKは別売りです。

HORNET ADVはPINLOCKが付属だったなぁ(´・ω・`)

 

装着することで全然曇らなくなりましたよ(・∀・)

オージーケーカブト(OGK KABUTO) CM-2-P ピンロックシート クリア 62977

オージーケーカブト(OGK KABUTO) CM-2-P ピンロックシート クリア 62977

 

 

 KAZAMI と HORNET ADV SEEKERの比較

f:id:yuyacaravan:20180308182417j:plain

 でかい。。

 

f:id:yuyacaravan:20180308182632j:plain

 でかい。。

 

静音、遮音は良いと思います、しかし高速に乗りましたが、風切り音はします。すこし気になりましたね~(^^)うるさくはないと思います。

フルフェイスとの比較ができないので、この程度なのかなって感じです。

 

最後に

化粧をする方はジェットヘルメットが多いのかなと思います。

個人的な意見ですが、ワタクシ自身バイクに乗り始めて10年もたっていませんし(2018年現在)、運転が上手い方とは思っていません。事故るかもという思いを内に秘め運転してます(´・ω・`)。

もし事故った際に、体への被害をなるべく食い止めたい心配性なので、フルフェイスやシステムヘルメットの選択になりました。

修羅の国と言われる福岡にはフルフェイスでしょう(*´艸`*)

どうやらワタクシは頬にパッドが当たる、守られてる感が好きなようです(笑)

顔に風があたって気持ちいい感は犠牲ですけど(笑)

 

サイズの合ったヘルメットを正しく着用するのが第一だとは思います。

 

それでは、良いバイクライフを(^o^)v

バイク用Bluetoothインカム(FODSPORTS)を購入したおはなし

どもども。

題名どおりBluetoothインカムを購入しました。

 

 

 

 

購入決意


バイクでどっか行くときなんて、ほぼ一人なんだし誰かと話しながらツーリングなんて10年早いんじゃない?
なんて思いますが、バイクでの仕事帰りに家族や友達とお話しながらバイクでお家に帰れたらな。。なんて思ったり(笑)
そんな感じで購入を決意。

 


機器検討


バイクでの通勤やツーリング時にワタクシはB+COMのインカム?を使っていました(有線のもので機能はで音楽聞くだけ)
しかし、親父もバイクに乗りますし、もしかしたら他の誰かとツーリングに行くなんてことも考えて、電話はもちろんや他のバイクインカムとお話できるものがいいな(^o^)。


耳の穴に入れるイヤホンタイプは運転中周りの音が聞こえにくくなるのでワタクシはもともと好きではありません。

そして、乗り降りのときにipodや携帯からイヤホンジャックを抜く作業が面倒だったりしたので、Bluetoothインカムにしました。

 

 

問題なのが、製造メーカー。B+COMはワタクシにとってお高いですし、同時通話6台とか、マスツーリングしないであろうワタクシにはオーバースペック。

良いものはないかとヤフオクやアマゾンで探しました。
見つかりましたよ。
候補は2台


Freedconn バイク用インカム ¥5980 (2018 01/22)

 性能:生活防水、ノイズキャンセラー搭載、待ち受け時間約300時間 使用時8時間 インターコム最大通信距離約800m(障害物なしの場合)携帯と連接の場合は10mスピード120km/hまで通信することが可能。

 

 


FODSPORTS インカム ¥5380 (2018 01/22)

 性能:防水仕様(水没まで)、ノイズキャンセラー搭載、待ち受け時間約300時間 使用時8時間 インターコム最大通信距離約1000m(2台の場合)。

 

 

大手メーカーに比べたらバカ安いやんけ ヮ(゚д゚)ォ!

インカム童貞のワタクシにはちょうどいい値段設定\(^o^)/

ヘルメットの色に合わせてFODSPORTS インカムを購入しました。


f:id:yuyacaravan:20180122221355j:plain


バイクの写真でバイク用インカムなんだなぁと思わせてくれます。
ツーリングはもちろん、スキー、スノーボード、マウンテンバイク、ロードバイク、登山などアウトドアスポーツでも大活躍と書いてありました(^^)/


付属品f:id:yuyacaravan:20180122221431j:plain


付属品はヘッドセット、オーディオケーブル、取り付けクランプ、ドライバー、マジックテープ、充電ケーブル、説明書です。
マイクはワイヤータイプとアームタイプがありました。

 

注意が必要なのが充電ケーブル。もうあまり出回っていない前の世代のUSBケーブルです。

平型mini8pinタイプ? 某家電量販店で平型mini8pinケーブルを買いましたが、端子は挿さるものの充電ランプが点灯せず、充電できてないようでした。

同梱のケーブルなら問題なく充電できました。

 

f:id:yuyacaravan:20180122221627j:plain

 

ドライバーはヘックスレンチにもなるみたいですけど、取り付けには、マジックテープかクランプなのでドライバーしか使いません。

 

f:id:yuyacaravan:20180122221716j:plain

f:id:yuyacaravan:20180122221725j:plain


説明書に日本語のページもありました。

 

f:id:yuyacaravan:20180122221817j:plain

 

スピーカーの取り付け


ワタクシが使っているヘルメットHORNET ADV SEEKER には、イヤーパッドを取り外すと、ここにスピーカーを付けるのだ! と言わんばかりのくぼみがあります。

f:id:yuyacaravan:20180122221856j:plain

f:id:yuyacaravan:20180122221904j:plain

 

B+COMのマジックテープではジャストフィトです。
FODSPORTSのマジックテープはB+COMのマジックテープに比べ大きかったので、工夫して貼るか、無理やり貼るかします。
こちらがB+COMのスピーカー。

f:id:yuyacaravan:20180122221927j:plain

 

スピーカーの比較、左がB+COM 右がFODSPORTS。

f:id:yuyacaravan:20180122221942j:plain

 

f:id:yuyacaravan:20180303135234j:plain


FODSPORTSが大きいです。厚みはそんなに変わりません。
ただB+COMのほうがスポンジで柔らかいので、耳に当たったときを考えると不便に思うかもしれません。FODSPORTSは布のようでした。

f:id:yuyacaravan:20180122222000j:plain

f:id:yuyacaravan:20180122222007j:plain

 

 

 

本体


黒+オレンジで個人的には好きです。

 

f:id:yuyacaravan:20180122222043j:plain

本体の取り付け


イヤーパッドにマジックテープを貼り付けます。
ワタクシはB+COM時代のものから流用。

配線はヘルメットのインナーパッドの中に隠しました。

 

f:id:yuyacaravan:20180122222100j:plain


本体はクランプを使って、ヘルメットを挟む感じで取り付けました。

 

f:id:yuyacaravan:20180122222130j:plain


こんな感じで完成。

f:id:yuyacaravan:20180122222119j:plain

 

 

 


操作方法


電源ボタンを長押しすると電源が入ります。そのまま電源を長押ししているとペアリング待機状態になります。
今回ワタクシはipod touchと携帯電話(TORQUE G03)とペアリングして、音楽を聞いたり電話してみました。

 

音質は音割れも特になく、ワタクシとしては気にならないレベル。
電話も相手の声も聞こえるし、こちらの声も聞こえていて、会話可能でした。
AUX端子もついているので、Bluetooth非対応の端末と接続出来ます。(海外仕様のMP3ウォークマンも愛用しているワタクシとしては嬉しいです。)

しかし音量調整が難しいなと思いました。+ボタンを長押しで音量アップ -ボタン長押しで音量ダウン。
長押し・・。(-_-) ではポチッと押したらどうなるの? 次の曲、前の曲へ曲送りボタンに対応しています。
もうそこは慣れるしかないですね(;・∀・)

ラジオも聞けるようです\(^o^)/

 


使い始めなので、頑張って慣れて行こうと思います(*^_^*)

 

それでは、良いバイクライフを(^o^)v

バイク用のバッテリー充電器のおはなし

どもども。

 

 

冬期はバイクに乗る機会が減るのと、他のバイクに構っていたのでバッテリーがかなり弱っていました(^^;)

かれこれ、5,6年は使っているので交換しなきゃですね。

 

 交換したおはなしはこちら↓ 

syumi-bocchi.hatenablog.com

 

 

 

交換した際に初期充電したのでバイク用バッテリー充電器の報告をしたいと思います。

ワタクシが使っているのはこちら↓

f:id:yuyacaravan:20180302155344j:plain

  

充電器の購入当時はVOLTECS(ボルティクス)でしたけど、

SUPER NATTO(スーパーナット)に名前が変わったみたいです。

 

付属品としては

充電器本体、ワニ口クリップ、車両取付ケーブルでした。

車両取付ケーブルは充電の際にバッテリーを取外すことなく充電できるようにするケーブルです。

 

充電方法!

①バッテリーと充電器をつなぐ。 ※まだコンセントには差し込まない 

f:id:yuyacaravan:20180302162615j:plain

 

f:id:yuyacaravan:20180302163503j:plain

 

充電器の赤いワニ口クリップをバッテリーの+極につなぐ。

 

 

f:id:yuyacaravan:20180302163528j:plain

その後、黒いワニ口クリップをバッテリーの-極につなぐ。

外すときは-側から。

 

この段階で充電器のLEDが点きます。

f:id:yuyacaravan:20180302163625j:plain

 

暗くしてみるとこんな感じ。

f:id:yuyacaravan:20180302163655j:plain

 

 

 

 

②コンセントにつなぐ

f:id:yuyacaravan:20180302162652j:plain 

 

 

 

バッテリーと充電器が正しく接続されたら赤と緑のLEDが点くので、それを確認したら電源プラグをコンセントに差し込む。

 

充電を終了させるときはコンセントから抜く。

 

③充電の完了を待つ

f:id:yuyacaravan:20180302164139j:plain

 

赤と黄のLEDが点いて充電開始。

赤と黄と緑の3つのLEDが全て点いたら略充電完了。

満充電させたいときはそのまま待機。

 

※「最大48時間」以内にLED(緑)が点灯しない場合は、販売店へご相談ください。

TT250Rのバッテリーでは、半日ほど緑が点灯(略充電)を通り越して点滅(満充電)になってました。

 

 

④満充電・メンテナンス充電

f:id:yuyacaravan:20180302164323j:plain

緑のLEDが点滅を始めたら、満充電が完了しメンテナンス充電に移行してます。

メンテナンス充電の連続充電は最長3時間を限度としてください。

 

充電完了!

 

⑤充電器とバッテリーの取り外し

電源プラグをコンセントから抜く

ワニ口クリップをバッテリーからマイナス端子→プラス端子と外す。

 

 

 

・LEDの点灯パターンについて

 

 f:id:yuyacaravan:20180302165901j:plain

 

この充電器は安いくせに使いやすくて、説明書も丁寧で良かったです。

作りは安っぽい感じはするかもしれませんが、正常に動作してくれるので特に気にはなりません。

ふとした時にバイクのバッテリー充電器があると便利だなと実感しています。まだ持っていない方はいかがですか?

 

それでは

良いバイクライフを(^o^)v

バイク(TT250R)のバッテリーをSUPER NATTOへ交換したおはなし

どもども

 

冬場は寒くて乗る気になれなかったのと、他のバイクにかまってたので、

TT250Rのバッテリーが弱ってました。

f:id:yuyacaravan:20180115203539j:plain

 

TT250RはユアサではGT7B-4という規格です。

 

5、6年経過しているのでするので交換します。

 

表題のとおり、

SUPER NATTOのバッテリーを購入しました。

 

 

 

バッテリーストア ドットコムさんが販売、発送しておりました。

SUPER NATTOでは

ST7B-4という規格。

 

値段は¥3,400

安い!

ユアサみたいに5、6年経っても問題なければいいなぁ。

そういえば乗り始めた頃のバッテリーはすぐにヘタってたなぁ。

調べたら中華製の安いやつやったなぁ。

 

とか思い出していると到着。

 

 

御開帳~♪Σ(゚Д゚)

 

 

f:id:yuyacaravan:20180302173404j:plain

ダンボールを開けてみると、「ありがとうございます」の紙がドドン!と。

 

広げてみると、スタッフ一同からのお言葉と、不要バッテリー受付の案内、Q&Aの紙でした。

f:id:yuyacaravan:20180302173540j:plain

 

心遣いが気持ち良いぞ!

 

裏面はバッテリー充電器の広告で。その他はWEBでレビューを書いてプレゼントGETの案内、注文書でした。

思えばこれWEBなのだから文章をコピペして、プレゼントGET!すれば良かった(´・ω・`)

ふーん、めんどくせっ。さぁバッテリーバッテリー。てなったような気がします(-_-)

 

 

f:id:yuyacaravan:20180302173923j:plain

 

 

その他の付属品は車両ケーブルでした。

充電の際にバッテリーを外さずに、充電出来るようにするものです。

f:id:yuyacaravan:20180302174606j:plain

 

そしてバッテリー。

f:id:yuyacaravan:20180302174744j:plain

 

梱包も新聞紙が隙間なく入っていて良かったです(*^^*)

ぶん投げられても大丈夫だわって感じでした(笑)

 

 

青色でいい感じです。

また、充電器の広告が入ってました(*^^*)

f:id:yuyacaravan:20180302175057j:plain

 

略充電済ですけど、満充電したほうが寿命が長くなるとどこかで見たので、充電してから取り付けました。

 

 充電のおはなしはこちら↓

syumi-bocchi.hatenablog.com

 

 

 

 

f:id:yuyacaravan:20180302175457j:plain

 

車両ケーブルも一緒に取り付け\(^o^)/

 

余談ですけど、

冬にバイクに乗ると、寒くてテンション上がります!

「うぉー!さみーっ!」ってなりますよね。・・よね?

男のシンボルがキャラメルコーンみたいになりますよね~(*^^*)

 

年末に岐阜→大阪というルートを走った事があるのですが、寒い上に雨が降って、最高でした。生きてる!って感じでした(笑)

高速でしたけどパーキングやサービスエリアで休憩しまくりました(´・ω・`)

 

それでは

良いバイクライフを(^o^)v

TT250Rのメーターの時計合わせのおはなし

どもども。

 

バッテリー充電の為バッテリーをバイクから取り、再度装着した際にメーターの時計がリセットされたので、時刻合わせをしました。

 

ワタクシのTT250Rのメーターがこちら↓

f:id:yuyacaravan:20180115205539j:plain

オドメーター表示時

 

f:id:yuyacaravan:20180115205542j:plain

時刻表示時

 

手順① 青のA/Bボタンの長押しでトリップメーターオドメーターや時計が点滅します。

 

手順② 時計が点滅したとき、そのままA/Bボタンを長押しすると・・・

f:id:yuyacaravan:20180115205535j:plain

↑のように
時刻全体が点滅していたのが、時だけ点滅するようになりました。

 

手順③ 赤のRESETボタンを押すと、時を変えることができました。

 

手順④ 時を合わせたらA/Bボタンを押すと10の位の分が点滅します。

 

手順⑤ 赤のRESETボタンを押すと、10の位の分を変えることができました。

 

手順⑥ 同様に10の位の分を合わせたらA/Bボタンを押すと1の位の分が点滅します。

 

手順⑦ 赤のRESETボタンを押すと、1の位の分を変えることができました。

 

時計を合わせたら、A/Bボタンを押して完了です(^o^)

固まる土(まさ王)で庭を固めたおはなし

どもども、年末にかけてバイクの整備や掃除をしまして、父上が友人からバイクをもらってきました。

 

それがこちら↓

f:id:yuyacaravan:20180109102625j:plain

 

 

YAMAHA SR400!(キャブ車)

これでも綺麗になったほうなんです。

 

バイクをもらってきたのはいいが、置く場所が無い。

写真奥の庭にスペースがあるけど、土だし雨でぬかるんだり、スタンドがめり込まないかなぁ。

コンクリートで固めると、掘ったり、砕石敷いたりで面倒だなぁと思ってホームセンター巡りをしていると。

 

水で固まる土というのを発見しました。

 

【固まる土】まさ王 15kg ブラウン

【固まる土】まさ王 15kg ブラウン

 

 

 

まさ王 15kg ブラウン 1袋

まさ王 15kg ブラウン 1袋

 

 

簡単に言えば、土の上に敷いて水をかけると固まるようです。

 

費用も当初計画していた、砕石、砂、コンクリート平板、珪砂での施工より安くなりそうでした(^_-)-☆

 

ただ強度が心配。。。(*´ω`*)

そんな車が乗り入れるところにはスーパーハードがあります。

バイクだし、そんなに荷重かからないとは思いましたが、スーパーハードを購入しました。

f:id:yuyacaravan:20180109102734j:plain

 

ここで、何袋必要なのか?

1㎡を5cm厚に施工するのに5袋必要とのこと。

 

施工したい庭の面積は

1.15m × 2.10m = 2.415㎡ でした。

 

1㎡を5cm厚に施工するのに5袋必要なので、2.415㎡を5cm厚に施工するのに2.415 × 5 で 約12袋必要です。

 

小数点以下は微小でしたので省きました。

 

 

作業工程は袋にも書いています。

f:id:yuyacaravan:20180115202816j:plain

草を抜く。(ワタクシの場合約5cm掘りました)

f:id:yuyacaravan:20180109102835j:plain

 

 地盤を締め固める。(レンガでたたいたりジャンプしました(笑))

f:id:yuyacaravan:20180109102849j:plain

 

まさ王を撒く。(水勾配も考えつつ)

f:id:yuyacaravan:20180109102919j:plain

 

1次散水。表面の色が変わる程度に。 (ホースの霧モードでやりました)

 時間をおいて2次散水、今度はたっぷりと。

f:id:yuyacaravan:20180109103816j:plain

 

1次散水と2次散水のあいだにバイクいじり。ほとんど親父がやりました。

f:id:yuyacaravan:20180109104302j:plain

 

f:id:yuyacaravan:20180109104424j:plain

 

マフラーとエキパイがきれいになりました。

エキパイは交換しました(^^♪

 

 

肝心のまさ王ですが、いい感じです。

乗ってもひずみや、ひび割れもなく今のところ満足です。

締固めに不安が残りますが(笑)、剥がれやひび割れが出たら、増し厚なり再施工したいと思います。